スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むーこ



ただ今、実家に短期帰省中。


さっき母から、長年うちで飼っていた猫が死んだことを聞かされた。


ベビ蔵が生まれて5日後だった。
もう1ヶ月以上経つ。

産後の私を案じて、父と母は、今日までそれを言わないでいてくれた。


猫の呼び名は「むーこ」。
私が高校2年の時に、バイト先の近くで拾ってきた。
我が家で初めて、飼うことを許された猫だった。

最初、可愛らしくておっとりしているので、皆てっきりメスだと思い込み、私はムームーというハワイアンな名前を付けた。
でも、後の動物病院での診察で、オスだということが分かるw

白地に、ところどころ灰色と黒の縞ブチが入っていて、尻尾は変な形にねじれて短く、両目は離れていて、目の横には、まるで耳が垂れたように見える模様が入っていた。
骨太で体格も良く、毛並みは剛直。
生意気で、頭が良くまわり、しょっちゅう近所の猫と喧嘩しては、大小の怪我をして帰ってきていた。


こうして文章で書いてみると、お世辞にも綺麗な容姿の猫じゃなかった。
でも、その両眼はガラスのように透き通っていて、
覗き込むと、光の加減で、金色のかかった淡いグリーンに見えた。
それがとても綺麗だった。


猫好きの父は、彼を我が家の次男坊と呼び、相当可愛がっていた。


今年で我が家に来てから9年目。

実は、ネコエイズにかかっていたようで、発症していたのかもしれなかった。
死ぬ前、数日姿を消してはまたひょっこり現れる、というのを繰り返していたらしい。

最期は、我が家に戻って来て、庭の木の下に衰弱した状態で横たわっているところを父が発見した。
父が家の中に運び込んで介抱したところ、少し息を吹き返し、自力で起き上がろうとしていたという。

ところがその夜、日付の変わるか変わらないかという頃に、急に停電になってしまった。
やっと復旧して、明かりを付けて見てみると、そのとき既に、彼は旅立ったあとだったそうだ。



むーこの最期の様子を話しながら、母は、ものすごく心配そうな顔をしていた。
私が今にも泣き出すんじゃないかと思ったんだろう。
その顔を見ていたら、泣くに泣けなかった。
「そんな、猫くらいで。平気だよ」と、私は言った。


それに、ちっとも実感が湧かなかった。
あの元気なむーこが死んだなんて。
また気まぐれに遠出をしていて、ひょっこり帰ってくるに違いない。



4時間くらい経って、もうむーこに会えないんだと思ったら、急に悲しくなった。
最後に会ったのは、結婚式の直前だったと思う。

彼の毛並み、身体の模様、耳の形、尻尾、手足の爪、眼の色、ひとつひとつを思い出してみる。
そのやわらかさや、ぬくもり、においが、まるで手を伸ばせば届きそうなくらい、リアルに思い出せる。


今更だけど、ものすごく彼に会いたい。
膝の上に乗せて、全身を撫で回してあげたい。
そして、ベビ蔵を一目でも会わせたかった。


バカみたいだけど、自分を納得させるために、必死で「生まれ変わり」の事を考えた。
むーこが死に近づき、そしてベビ蔵が生まれてきてくれたのかな、とか、その逆とかを想像してみる。

そうやってベビ蔵を見つめていたら、やっと、涙が出てきた。



今、涙が溢れて止まらない。

むーこ、むーこのバカ。

私、赤ちゃん産んだよ。

また、どこかで会おうね。

ありがと。バイバイ。



スポンサーサイト

父との関係

DSC00964-1.jpg



結婚~出産~育児・・・と、ドタバタで日々が過ぎていく中、みーたろうは親父との関係が悪化中です。

思い起こせば、反抗期大爆発してた高校生の時に、あわや勘当!?というところまでいったとかいかないとか・・・w

どっちも頑固だから、「こうだ!」と思ったら、思い通りにならないとイヤなんだよね~。



結婚式の準備の時は、おいらが妊娠していたこともあって、親父の矛先はダンナの実家だったけれども。

出産後は、ベビ蔵のお祝いをめぐって、なぜかオイラと怒鳴り合いの大喧嘩に・・・。

「好きなようにやれ」と言いながら、古くさくて変なところに固執してる。

カッとなると、もう人の話は耳に入らないし、何をしても火に油状態。

「ほんと、昔から変わらないよね~」と母は笑っていたけどw



それにしても!!

1ヶ月健診も終わっていないベビ蔵を外出させろとか無茶言うし、

遊びに来るはずだったのに来ないとか言い出すし、

お宮参りは行かないとか言い出すし・・・

もう言ってることが無茶苦茶!人の話聞いてよ!!



この暑さの中、首もすわっていない新生児を、あちこちに連れ回すのは無理!

オイラも、体調が戻らない上に、毎日孤独な授乳と家事に追われ、

育児ブルーに陥って、ダンナともケンカばかりで精神状態が不安定。

そんなところに、電話口でガンガン怒鳴られたらたまったもんじゃない!

もうちょっとで、「お祝いなんかもういらない!もう二度と会わない!!」と言うところだったw



ずっとTwitterでつぶやき続けて、実況しまくって、友達みんなに心配してもらった。

ダンナにも母にも、泣きながら話を聞いてもらって、ここ数日でやっと落ち着いてきた。

母がいてすごく安心できたし、今回ダンナがけっこう良いことを言ってたので、少し自分の考え方も変わった気がする。




やっぱり、父はベビ蔵のおじいちゃんでもあるわけだし、ママとおじいちゃんが仲悪かったらイヤだもんね。

大きくなったベビ蔵に、なんて説明したらいいか分かんないし。

お互いにクールダウンが必要だけど、このまま涼しい季節を待ってると、もやもやがその分長引くから、早々に解決せねば。

絶対譲れない部分もあるけど、ここはベビ蔵のためにぐっとこらえるよ!


DSC00946-1.jpg


1ヶ月健診

DSC00852-1.jpg


こないだの18日水曜日に、1ヶ月健診が無事済んだよ~!

1ヶ月健診とは、新生児が満一ヶ月になった後に行う健診だす。
http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/kenshin/nani1/
↑こんな感じ。

体重計ったり、体のサイズ計ったり、異常がないか調べてもらって、
赤ちゃんが順調に育っているかを確認。

うちのベビ蔵は、体重も5キロ近くあって、育ち過ぎなぐらい元気。
乳児性湿疹が大量発生してるけど、先天性異常の検査も異常なし。
母子共に健康!

一緒にお風呂に入ったりもおk!
外出もおk!
オイラもだいぶ回復したので、涼しい時を見計らってちょっとずつお散歩に行ってみよ!


DSC00861-1.jpg


DSC00862.jpg

07 | 2010/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Fujinko Ayumi

Author:Fujinko Ayumi
2010年7月、2012年9月、2013年11月生まれの男の子達と、見た目は学生頭脳は小学三年生のダンナと5人暮しw年子の子育ては思った以上に大変だけど、なかなか楽しいぞ(*^^*) 大好きなアニメはなかなか見れず、録画消化が追いつかない(T_T)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
へいらっしゃい☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。